今までいろいろな中華タブを買ったり、中古スマホもいろいろ買って楽しんでたけど、実は手を出していなかったジャンルが「格安スマホ」。
手を出さなかった理由は単純で、中華タブのベンチスコアと大差ないことから、わざわざ買ってもつまんないだろうと思ってたから。
今までのメインスマホはiOSはiPhone6Plusの128GB。
サブのandroidは、XPERIAのA2GALAXYのS4
これらにドコモのSIM+mopera契約を差し替えて遊んでた。
DMMmobileにしてからは、さらに自由度が増したのだけど、ここで問題になるのがSIMフリーであってもテザリング時のAPNはドコモに固定されたままということ。
iPhoneはドコモ機でも元々SIMフリーなのでこれは問題ない。
XPERIAも諸先輩方のお陰でROOT化せずにテザリング時のAPNをいじれるようになっていた。
ただしGALAXYはandroid5.0にしてしまっていたため、いくらいじってもだめだったので、ヤフオク経由でプロに依頼してダウングレード(android4.4のドコモROMを焼いてもらった)+ROOT化してもらい、悪夢のロリポップから脱出してやっとテザリング時のAPNも自由にいじれるようになり、5インチという使いやすさもあいまって、メイン機として使う事になった。

13

ところがせっかくいい感じだったGALAXYが突然SIMを認識しなくなって、お飾りになった。
ドコモROMを落として焼こうとしてみるが私のスキルではうまくいかない。再度依頼を出すにしてもなんか面倒だしお金もかかる、そもそもSIMスロットが逝ってしまってる感じの挙動でありリスキーだった。
さらにタイミングの悪いことに、このGALAXYが仕上がった時点で、XPERIAをヤフオクに出品してしまい高値で落としていただいたばかりで残すわけにもいかず、格安スマホに手を出すことにした。
ここでの候補は3万円以下。
最終的にGR5などで悩んでいたが、GR5はランキング1位の快進を続けており、買ってもつまらないなぁというジャンキーゆえの想いがムクムクと出てきた。
そこで候補を2万円前後のクラスに変更。
ZenFone2laser雅/MIYABIで検討していたが、これもある程度レビューが上がってるしつまんないなと思ってるところに、Priori3LTEのSが出た!
これは本命だろと思ったのもほんの数時間。FOMAプラスに実質的に対応できていないと多くのブロガーからの報告が上がり出して、購入前日にファームウェアのアップデートがあったがこの時点で報告を待つわけにもいかず、価格.comランキングで30位台ではあったものの“いい意味で期待を裏切られた”というレビューが数件あってちょっと気になっていたAcer Liquid Z530にしてみた。これなら利用してる人も少ないし楽しめるかなとw。

DSCN0089


≪ポイント≫

  • 持ちやすい5インチサイズ
    5.5インチのiPhoneや4.3インチのXPERIAは帯に短したすきに長しであった
  • アウトカメラ800万画素だが思った以上に写りがいい
    ただしタップしてピントを合わせてシャッターボタンではなぜかイマイチなので、タッチしてピントがあったら自動シャッターにするのが大吉!!iPhoneと大差ない画質で撮れるw
  • インカメラ800万画素+広角84度という国産にまだないスペック
    自撮りしないので飲み会とおやじ猫を抱えて撮る時だけ役に立つかな
  • 2400前後にしては36時間は余裕で持つバッテリー
    これは予想外で、GALAXYよりはるかにいい。ただしXperiaやiPhoneのように2~3日に1回充電ではなく、1日おきに充電という感じ
  • 画面をスライドさせるだけでスリープ解除できる
    AQUOSPHONEにも同様にタップでスリープ解除があったが意外と鈍くて実用性が低かった。
  • 夜間の電源自動オフ&オン設定
    超スリープみたいなもんだとは思うが、電源オフとまったく同じ挙動だった
  • 頑強さはまったくないが柔軟性のあるボディ
    裏ぶたを外す際にあまり意識せずに引っ張ってしまい本体がとんでもなく仰け反ってかなりビビったがまったく問題はなかった
  • 純正ソフトウェアによってPCとリンクして、PC上から操作できる
    同一Wi-Fi内という制約はあるが、なんとPC側でスマホ操作だけではなく文字入力までできる。これははじめての経験である。無論通知もモニター上に出ます
現時点で間違いなく人に勧められる格安スマホです。
☆すべて私感であり、また投稿時点での内容です。