恥ずかしながちょっとパニック気味なので、気分を落ち着かせるために書き記しておきます。

昨年の地震のあと、たまに低い声で唸るように鳴いて、フラフラと伏せてしまうことがあった。撫でていると10分ほどで立ち上がって食事をして元通りというパターン。

これが今まで3回くらいかな。ありました。

いつものハンガー掛けの下の棚に私の古いズボンを下に敷いて寝ていることが多かったんだけど、この2~3日結構な時間そこにいることが増えた。

そしてさっき、低い声を出したと思ったら鳴こうとして口を開けても鳴けないくらいの状態になり、伏せたまま起き上がろうとしなくなった。
ずっと撫でていたが30分ほど様子を見てまだぐったりしていたので、またたびをやってみるとフラフラしながらも喜んで舐めた。ただいつものようにしつこく舐めることはなく、また伏せてしまった。

餌も水も減っている量が少なかったので、モンプチのクリームタイプを餌場に置いたが、においを嗅ぐものの食べるための移動アクションは起こさなかった。目の前に置いても同様で匂いを嗅ぐだけであった。

チョビを保護した時のことを思い出していた。
今月で12年目であった。
 >>保護した時の投稿(2005年8月28日)
そうか12歳なんだな。イエネコは寿命が長いとは言え、うちで保護する前の状態がわからないこともあり、なんとも言えない。

苦しまなくていいけど、もう少しがんばろうなチョビ。もう少し思い出を作ろうよ。な?!