闘病の記録

入院三日目・七夕

0600 心電図が外れ、身体はフリーに。

金属板がついた眼帯は普通のに交換とのこと。
部屋は大部屋希望だが、やりくりが大変そうなので、別に二人部屋でもどこでもいいと伝えていたがこれは後で話があるのでしょう。
左目の中に水面が見えて“目が金魚鉢”状態である。楽しいがしっかりと網膜を押さえるためメールチェック後はまたうつ伏せになる。

0830 朝食後、朝の診察。

網膜近くにかなりの癒着があったそうで網膜剥離も少しだけあったとのこと。
ただしきれいに除去されたとのことだ。

昼前、大部屋に移る。

うつ伏せ寝なのでなにも出来ないが、人間観察できるのはいいかもね(コラ。
目の痛みはかなり治まってきたが、チクチクはまつげカットしたのが腫れた瞼にぶつかるからかもしれん。あと空気の動きが見えるが上を向いたりしたときに鈍い痛みがあるのでこの空気によって手術の痕が刺激されるんだろうな。

昼ごはん。すごくおいしい♪

今日は七夕ということで、メニューもそれらしいものに。
ほんとバランスもいいし、気遣いがうれしいですな。

家で過ごすよりはよっぽどマシな七夕でございました。

 


《関連する投稿》
入院一日目・手術前日に入院
入院二日目・手術当日
入院三日目・七夕
入院四日目・起床と共に
入院五日目・空気溜まり
入院六日目・事務方さん
入院七日目・退院

退院後
術後一週間の視界(以後の追記一部あり)

入院中の投稿はリアルタイムではなく、退院後に自分のメモから書き起こしています(日時はできるだけ合わせました)。